自分を変えようとしても、失敗するのが当たり前

眠れない夜のひとりごと。

人は、自分で思っている以上に、自分が変わることへ強く抵抗するもの。

日本語入力をローマ字→親指シフトへ変える練習をしていて、

僕たちの脳神経に刻まれたパターンの「凄まじい耐久力」に、改めて気づいた。

・「変えたい」と思うだけでは、絶対に変わらない。

・「変える」と決意して、新しいやり方を何度か試しても、すぐに元に戻る。

・「変える」と決めて、新しいやり方を何十回、何百回か繰り返してようやく、少しずつ変化が起こり始める。(でも油断すると、すぐに元に戻ってしまう段階)

・新しいやり方へ完全に切り替えて、それを定着させるには、数千回〜数万回の繰り返しが必要。

ただの機械的な動作に過ぎないタイピングでさえそうなんだから、

感情が伴い、過去に数えきれないほど繰り返してきた思考パターンなら尚更のこと。

だから、100回や200回くらいの「自分を変える」チャレンジに失敗したからといって、自分を責める必要なんてない。

完全に変わるまで、繰り返せばいいだけ。何千回でも、何万回でも。

諦めずに続ければ、自分は必ず変えられる。

(この記事はフェイスブックに投稿したものです)

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする