「出版」は誰でもできる時代。だからこそ「商業出版」を狙う。

今は、誰でもコストをかけずに「作家」になれる時代。

作家デビューは電子書籍でも構わないけれど、目標とするべきは、

出版社が「この作家に投資してもいい」と思える存在になるまで、生まれ持った個性とアイデアを尖らせていくことです。

僕は、これまでに電子書籍を2冊出版している「作家」です。

一昔前には「自費出版」と呼ばれていたように、無名の素人が本を出版するには、印刷コストなどを自ら負担していたものですが、

現在は、電子媒体で本を出版するのに、コストはかかりません。

さらに、いまは「本」という体裁にとらわれる必要すらない時代です。

例えば、noteでは、記事単位で自分の書いた文章を販売できます。

で、僕が出版した電子書籍ですが、

1冊目、アマゾンで販売した日本語の電子書籍は、ダウンロードが2件

2冊目、Gumroadで海外向けに販売した英語の電子ブックは、ダウンロードが13件

なので僕は「著書が15部売れた」作家です。

自慢にも何にもならない実績ですし、むしろ「恥を知れ」ぐらいに思う人もいるかもしれませんが、

誰の助けも借りずに、自分一人だけで

コンテンツをゼロから作り、電子書籍を制作し、販売までやり遂げたということは、僕にとって貴重な、何物にも代えがたい経験です。

世の中のほとんどの人は、自分一人でそこまでやらないわけですから、なおさらです。

でも、「売れなかった」という事実は、受け入れなければなりません。

それは、ハッキリ言えば、

僕が創ったコンテンツが、世の中に受け入れられなかったということ。

もちろん、買ってくれた(数少ない)方々へは、深く感謝しています。

しかし、

自分が創ったコンテンツのコンセプト、狙いが「世の中に受け入れられるもの」だったかどうか、

そのコンセプトや価値が伝わるようなプロモーションが行えていたかどうか、

そしてそれ以前に、自分の創ったコンテンツを喜んで受け入れてくれる「ファン」を作り、

その方々との関係性を大切に育てていたか・・・

いまや誰にでも低コストで行うことができる「出版」の前に、

コンテンツを世界に送り出す「クリエイター」として、なすべきことができていたかどうかということは、

出版からかなりの月日が経った今でも、厳しく自分に問いかけ続けています。

つまり、

誰もが「出版」できる時代になったからこそ、

出版社から出版のオファーが届くような存在になること、

あるいは出版社へ企画を持ち込んで、「この人と、この人のアイデアに賭けてもいい!」と思ってもらえるような存在になることに「価値」があります。

「2019年末までに、大手出版社から商業出版する。」

先月末、僕はそんな目標を立てました。

期限まで、あと18ヶ月。

原稿執筆や編集、印刷など、商業出版に要する期間を考えると、決して余裕のある目標設定とは言えません。

15万部ではなく、「著書が15部売れた」作家に過ぎない僕なら、なおさらです。

ただ、その目標を実現するために今、この瞬間になすべきことは、

商業出版を目指す人たち向けのセミナーに参加することでもなく、

ダメもとで次々と企画書を出版社に送ることでもなく、

自分がこの世界に創り出したいもの、たくさんの人たちに届けたいものが何なのかを、

自分という存在の「源」に立ち戻って、しっかりと見定めること。

その上で、自分自身の「軸」をはっきりと表現しながら、クリエイターとして日々コンテンツを作り続けていくこと。

それが、遠回りのようで、確実に目標に近づいていける道なんだろうと考えてます。

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする