願いは「書けば」叶う?「やりたいこと」リスト作りを始めてみた

先日、『ブレイン・プログラミング』を読みました。

本の内容は、率直に言って、

過去に読んだ他の自己啓発書や脳科学の本に書いてあること、

あるいはこれまでに参加したセミナーのなかで聞いたことのあるものがほとんどという印象。

が、視点を変えれば、

様々な本やセミナーで語られている、もっとも大切なことを一つにまとめてくれている良書ともいえます。

この本のなかで、

よく言われているにも関わらず、自分も含めて、

本当に実践している人はそれほど多くないなぁとあらためて気づかされたのが、

自分の「やりたいことリスト」を作って、毎日そのリストを見る

ということ。

毎日見るというのが最大のポイントで、

毎日、自分が「やりたいこと」を確認し、必要があれば追加や修正、削除をしながら、

つねに脳を「目標を達成するために必要な情報を集めるモード」にしておこう。

そうすれば、奇跡とも思えるような機会を見つけることができて、それを活かすこともできる・・・

というのが、私なりに解釈した、この本のコア・メッセージです。

で、さっそく自分でも実践してみよう・・・ということで、

普段使っているZEQUENZのノートとは別に、

「やりたいこと」のリストを書き込む、専用のノートをつくりました。

黒:STALOGY 365DaysNotebook A5
赤:ZEQUENZ/ジークエンス360 ノートスリムL 方眼 A5

メモやブレスト用に使っている普段のノートに「やりたいこと」を一緒に書いてしまうと、

一覧性に欠けて、毎日リストを見直すことが面倒になりそうなので、

目標達成を加速するために、あえて別のノートにしました。

さらに、テーマ別の一覧性を保つという目的で、

これからやりたいことや手に入れたいものを書き出していくノートと、

今後ブログやSNSで発信していきたいテーマやネタを書き出していくノートを別々にしてみました。

まだ始めたばかりで、書き出した「やりたいこと」はなに一つ実現していませんが、

これまでとは違う「何か」が起こりそうだ、という予感は生まれてきています。

なにか特筆できるようなことが起こったら、このブログでも紹介していきますね。

もしあなたも、これまでの私のように、

やりたいことや目標はたくさんあるけど、なかなか実現しない・・・という状況にあるのでしたら、

ブレイン・プログラミング』で紹介されている、

「やりたいこと」のリストを作って、それを毎日見るということから試してみてはいかがでしょうか。

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする