実績か、自信か?新しいことを始めるときに必要なもの

これまで数え切れないほど、

新しいことを始めたいけど「できない」という方々と出会ってきました。

「◯◯をしたいんだけど、専門的な知識も経験もないから、難しいと思っていて・・・」

「友達から◯◯関連のビジネスを一緒にやろうって言われてるんですけど、自分に自信が持てなくて・・・」

「◯◯」に入るものが何であろうと、

その分野での実績や経験、あるいはやっていけるという自信や確信がないから、

次の一歩が踏み出せない。

でも、やりたい、興味がある・・・という想いは次々と湧き出してくる。

ココロの中で、まるでアクセルとブレーキを同時に踏むような状態になって、

どうすれば良いのか分からずに、鬱々と日々を過ごしている。

そんな状態にとらわれてしまっている人たちが見落としているのは、

どんな成功者も、最初はゼロからスタートしている

という事実です。

一代で大企業を築いた創業者も、最初はお客さんがゼロの状態から始まった。

毎月何百万ものページビュー(PV)があるブログの運営者も、最初は読んでくれる人はいなかった。

SNSで数十万、数百万のフォロワーがいるアカウントも、最初はフォロワーがゼロだった・・・

そして、そんな成功者たちがゼロの状態から脱するために必要としたものは、

行動」です。

やりたいと思ったことは、まず始めてみる。

やりたいことを毎日続けていく。

やりたいことで結果が出るまで、考えて、行動し続けていく。

結局のところ、

実績や経験、そして自信や確信は、「行動」を続けることでしか得られないものです。

「実績がないから」とか「自信がないから」と言って行動を起こさない(起こせない)ときは、

実は「失敗するのが怖い」という想いが、違う言葉で表現されているだけなのですが、

失敗することなしに、何かを学んだり、何かに上達することはあり得ません。

映画『スター・ウォーズ』エピソード8で、

ヨーダは、弟子のルーク・スカイウォーカーに言いました。

失敗は最高の教師だ

これは、ビジネスかプライベートかを問わず、普遍的な真理です。

行動を続けて、失敗を重ね、

それらの失敗を克服して、失敗から学んだことが貴重な「経験」になり、

うまくいくことが増えていくことで「実績」が増えていき、

それが「自信と確信」を生み出していきます。

実績や自信がなければ行動できないというのは単なる言い訳で、

行動しなければ、実績も自信も、手に入らないのです。

そうは言っても、やっぱり不安で動けないというときは、

誰が何と言おうとも、自分はうまくやることができる、絶対にうまくいく」という、

根拠のない思い込み」を持って、行動を始めましょう。

そんな「思い込み」を持って、ゼロからスタートし、

何が起こってもその「思い込み」を捨てなかった人たちが、

いま私たちが「成功者」として認識している人たちなのですから・・・

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする