発信が「商品」になる時代に、選ばれるための発信とは?

2月7日に大阪で開催された「エクスマセミナー」に参加してきました!

アルコール飲料OKのビジネスセミナーです

「エクスマ」とは、

マーケティングコンサルタントの藤村正宏さんが提唱している

「モノ」ではなく「体験」を売る視点のマーケティング手法、

エクスペリエンス・マーケティング」の通称です。

今回は、藤村さんの新刊『SNS消費時代のモノの売り方「3つのF」が価値になる!』の

新刊記念セミナーということで開催されました。

エクスマセミナーへの参加は、今回が2回目。

ふらりと立ち寄った書店で、平積みされていた藤村さんの著書『安売りするな! 「価値」を売れ!』をふと手に取ったことで、

エクスマの存在を知り、その直後、昨年の12月に大阪で開催されたセミナーに参加したのが初めてでした。

毎回毎回、趣向を凝らした内容を提供してくれるエクスマセミナーは、

「セミナー」というより、ライブと呼ぶべきかもしれません。

そもそも、大阪のセミナー会場はいつもライブハウスですし(笑)

たんに知識を得るために行くセミナーではなく、その場から放たれるエネルギーを感じ、共鳴することで学び「も」得られるという、

まさにエクスマが提唱している「体験」がメインのセミナーです。

エクスマを実践するうえでは、まず価値観の大きな転換が求められます。

あなたがどんな商品を売っているかとか、どんな会社を経営しているかというのは、実はあまり大きな問題ではありません。

それよりも、あなたがどういう人で、どんな価値観を持って経営をしているのか。

どんな「思い」でビジネスをやっているか。

そういうことを、SNSを使って、あなたらしいコトバで発信をして、たくさんの人たちと「ゆるやかな関係性」をつくっていくこと。

結果的に、それがあなたのビジネスを成功させる、一番いい方法なのです。

これはひとりだけの企業でも、何万人も従業員がいる大企業でも、同じです。

(『SNS消費時代のモノの売り方「3つのF」が価値になる!』38ページより)

つまり、会社や事業としてではなく、会社を経営したり事業を営んでいる「個人」として、なにを発信していくのか、

そして、「個人」として、どうやって他の人たちと関わっていくのか、関係性を創っていくのかということが、

すべてのビジネスの根幹をなす最も重要なこと、ということです。

このあたり、僕自身がこれまで経営者としてやってきた5年半、ずっと避けていたことでもあります。

手がけてきた多くのモノゴトがうまく行かなかった理由も、この「関係性」創りがマズかったことにあります。

「個人」をさらけだすことを避け、肩書や経歴に頼ったり、自分以外の何者かになろうとしていたのです。

正直なところ僕は、いまでも自分自身のことをSNSで発信したり、ブログで自分の考えを発信することに、心の奥底で抵抗を感じています。

抵抗を感じていることを認識しているだけ、まだマシなのかもしれません。

私が最初のブログを始めたころ、そしてSNSを使い始めたころは、怒りや不平不満を投稿にぶちまけるようなことをよくしていて、

しかもそんなネガティブな投稿が、周りの人たちにあたえる影響を自覚していなかったという、かなりの問題を抱えていました。

その経験がいま、逆に発信を「抑圧」する方向に働いているのかもしれません。

とは言え、発信をしなければ、状況は悪くなっていくだけです。

駄文しか書けなくても、言葉が出てこなくて文章を書くのに時間がかかったとしても、

発信をし続けて「数稽古」を重ねていくことが、エクスマの真髄を理解し、使いこなすためには欠かせないのだと、

なかなか言葉が浮かんでこない状態で、この文章を書きながら、ようやく腑に落ち始めています。

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする