Skip to content →

ScreenFlow 5 使い方動画講座 (2) アプリのインストールと起動

<注>こちらの記事は、ScreenFlowの旧バージョンに関する説明となります。ScreenFlowの最新バージョン(ScreenFlow 7)とは異なりますので、ご注意ください。

 

PC画面を録画して動画ファイルを作成するMac専用ソフトウェア、ScreenFlow 5 の使い方を動画で分かりやすく解説した講座シリーズです。

今回は、アプリの購入とインストール、そして起動について説明しています。

今回のポイント

ScreenFlowはMac App Storeから購入する

ScreenFlowをインストールしたら、LaunchPadから起動する

ScreenFlowの起動時に表示される初期画面でできること

書き起こし文

ScreenFlow(スクリーンフロー)の動画講座、第2回目です。
今回は、アプリのインストールと起動について解説します。

アプリをインストールするには、まず Mac App Store を開いてください。
右上の検索ボックスに screenflow と入力し、エンターキーを押します。

検索結果のなかに「ScreenFlow 5」が出てきますので、これをクリックします。
アプリの詳細画面に移ります。

このPCには、すでにScreenFlowがインストールされていますので、こちら、画面の左上には「開く」と表示されていますが、インストールされていないときは「入手」というボタンが表示されています。

こちらをクリックすると、「Appをインストール」というボタンに変わりますので、クリックしてください。
iTunes StoreのIDとパスワードを入れて、購入手続きを行います。

アプリをインストールしたら、LaunchPad(ローンチパッド)を開いて、アプリのアイコンをクリックしてください。
ドック(Dock)に登録しておくと、次からの起動がラクになります。

起動すると、初期画面が表示されます。
最初の画面の「新機能」をクリックすると、アプリの開発会社である telestream のウェブサイトが開きます。
「新規録画」をクリックすると、画面を録画するための設定画面に変わります。

次回は、この画面を使って、録画の詳細設定について解説します。  

 

 

104

【ScreenFlow 5 使い方動画講座】に戻る

 

= = = = = = = = = =
ScreenFlowは、米国Telestream, LLCの登録商標です。

Read More / もっと読む

Published in ScreenFlow