新大阪駅「赤白」で平日に昼呑み!ありえない体験で固定観念を壊す

ワイングラスに光が反射してエフェクトかかってます!

作家・プロフェッショナルブロガーの立花 岳志さんの

フェイスブックでの投稿に惹かれて、

新大阪で昼呑みをしてきました。

場所は新大阪駅2階の「赤白 新大阪店」。

立花さん絶賛の「フォアグラぶり大根」、安くて美味しいフレンチ風おでんに加え、

グラスワインの種類も豊富!

これまでの人生で最高レベルの昼呑みを堪能してきました。

照明でキレイなエフェクトがかかってます

フォアグラぶり大根、取り分けの儀

立花さんの呼びかけで集まった皆さんも、ココロの暖かい人たちばかり。

初対面であっても、すぐにハートを開いてお話することができる、そんな素敵な場でした。

私にとって新大阪は、まだ駆け出しの社会人だった20年前に、毎日通勤していた場所です。

当時のマインドセットなら、平日の昼間からお酒を楽しく呑むなど、到底ありえないことでした。

いや、正直に言えば、

会社勤めを辞めて独立してからもずっと、

通勤電車に乗らなくなったことに対して、何か落ち着かない気分を感じ続けていたくらいなので、

平日のお昼からお酒を呑むということには、やはり精神的な抵抗を持ち続けていました。

そのことに気づいたのは、立花さんの昼呑みのお誘いの投稿を見たとき。

「えっ、平日のお昼から呑むのか・・・」という思いがココロをよぎったとき、

「平日のお昼からお酒を呑むことなんかありえない」という、

自分の中にある先入観を、客観的に見ることができたのです。

いったい、誰がそんなことを決めたのか?

平日のお昼に呑むことを禁止する法律などないのに、なぜ後ろめたい気持ちが湧いてくるのか?

独立してからは土日や祝日も関係なく仕事をしていて、そのことには何の抵抗も感じないのに、

なぜ未だに勤め人のマインドセットに影響されているのか?

アタマの中に湧き上がってきた疑問を、これまた客観的に眺めているうちに、

以前の勤め先のある新大阪で、そんな古い固定観念をぶち壊すというのも、面白いかもしれないなぁ・・・

そう閃いて、参加することを決めたのです。

コンサルティングやデザインの仕事をするうえで、私が座右の銘にしている言葉があります。

“Be the change that you wish to see in the world.” – Mahatma Gandhi

この世界で見たい変化に、あなた自身がなりなさい。- マハトマ・ガンジー

世界が変わることを期待しているなら、自らその変化を創り出せばいい。

固定観念や前例にとらわれないソリューションやデザインを提供していくなら、

まず自分が、固定観念にとらわれない行動を取り続けていくことから始めよう・・・

そんな、独立したときの原点を再確認することができた、

楽しく心休まる昼呑みでした。

たちさん、皆さん、ありがとうございました!^^

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする