Skip to content →

ScreenFlow 5 使い方動画講座 応用編 (13) クリップからオーディオを分離する

PC画面を録画して動画ファイルを作成するMac専用ソフトウェア、ScreenFlow 5 の使い方を動画で分かりやすく解説した講座シリーズです。

今回は、iOSデバイスの画面を録画したクリップから、オーディオ部分だけを分離する方法について説明します。

今回のポイント

iOSデバイスの画面を録画するときは、映像とオーディオが同時に収録される

映像とオーディオの両方を含むクリップからオーディオ部分を分けるには、「編集」メニューから「オーディオを分離」を選択する

「オーディオを分離」は、クリップを右クリック(またはControlキーを押しながらクリック)しても表示される

書き起こし文

ScreenFlow(スクリーンフロー)動画講座、応用編の13回目です。
今回は、録画したクリップからオーディオを分離する方法について解説します。

この画面には、iOSデバイスの画面を録画したクリップが表示されています。
タイムラインを見ると分かりますが、iOSデバイスの画面を録画したときは、映像とオーディオが同時に収録されます。
Macの画面を録画する時とちがって、iOSデバイスの場合は、映像だけ、あるいはオーディオだけを収録することはできません。

このクリップの映像部分だけを使いたい場合には、前回の講座で学んだように、オーディオインスペクタで音量をゼロにするか、あるいはオーディオをミュートするやり方のほかに、もう一つ、オーディオ部分だけを分離して、オーディオそのものを削除してしまうやり方があります。

ツールバーの「編集」から「オーディオを分離」を選択するか、あるいは、クリップを右クリック、またはControlキーを押しながらクリックして、表示されるメニューから「オーディオを分離」を選択します。

このように、オーディオ部分が元のクリップから分離されました。
iOSデバイスの画面だけを、あるいはオーディオだけを動画の中で使いたいときに便利な機能ですので、ぜひ、覚えてください。

次回は、画面録画インスペクタを解説します。  


ScreenFlow 5
カテゴリ: ビデオ
現在の価格: ¥9,800

 

104

【ScreenFlow 5 使い方動画講座】に戻る

 

= = = = = = = = = =
ScreenFlowは、米国Telestream, LLCの登録商標です。

Published in ScreenFlow