Skip to content →

ScreenFlow 5 使い方動画講座 (6) 操作の取り消し・やり直しとファイルの保存

<注>こちらの記事は、ScreenFlowの旧バージョンに関する説明となります。ScreenFlowの最新バージョン(ScreenFlow 7)とは異なりますので、ご注意ください。

 

PC画面を録画して動画ファイルを作成するMac専用ソフトウェア、ScreenFlow 5 の使い方を動画で分かりやすく解説した講座シリーズです。

今回は、動画編集を行っている途中での操作の取り消し方、やり直し方と、映像ファイルを保存する方法について説明しています。

今回のポイント

ScreenFlowでは、ファイルを保存していなければ、前に行った操作をさかのぼって取り消すことができる

取り消さなくてもいい操作を取り消してしまったら、「やり直す」で操作の取り消しがキャンセルされる

映像ファイルの新規保存も、上書き保存も、「保存」メニューから行う

書き起こし文

ScreenFlow(スクリーンフロー)の動画講座、第6回目です。

映像ファイルの保存が今回のテーマになりますが、その前に動画の編集について、1つ補足します。

前回と前々回の講座では、動画ファイルを分割して、要らない部分を削除する方法を説明しましたが、その際、本来は分割すべきでない部分で動画を分割したり、削除すべきでない部分を、誤って削除してしまう可能性があります。

その場合は、ツールバーの「編集」メニューから「取り消す」を選択してください。
直前の操作が取り消されます。
操作の取り消しは、ファイルを保存していなければ、何度でも行えます。

例えば、間違った場所で動画ファイルを3回、分割してしまったときも、「取り消す」を3回選択するか、あるいはキーボードショートカットで、Commandキーと「Z」キーを同時に3回押すと、全ての操作が取り消されます。

もし、取り消さなくてもいい操作を取り消してしまった場合は、「編集」メニューの「やり直す」を選択するか、キーボードショートカットの場合は、Shiftキー、Commandキーと「Z」キーを同時に押して、取り消した操作を元に戻せます。

一通りの編集作業を行い、ファイルを保存するときは、ツールバーの「ファイル」メニューから「保存」を選択します。

ファイル名を入力して、保存先を指定し、「保存」をクリックします。
上書き保存を行うときも同様に、「ファイル」から「保存」を選択するか、キーボードショートカットの場合は、Commandキーと「S」キーで保存ができます。

今回は、操作の取り消し・やり直しと、ファイルの保存について説明しました。
次回は、完成した動画のアップロード方法について解説します。  

 

 

104

【ScreenFlow 5 使い方動画講座】に戻る

 

= = = = = = = = = =
ScreenFlowは、米国Telestream, LLCの登録商標です。

Read More / もっと読む

Published in ScreenFlow