スポンサーリンク
アイデア

「出版」は誰でもできる時代。だからこそ「商業出版」を狙う。

今は、誰でもコストをかけずに「作家」になれる時代。 作家デビューは電子書籍でも構わないけれど、目標とするべきは、 出版社が「この作家に投資してもいい」と思える存在になるまで、生まれ持った個性とアイデアを尖らせていくことです。 ...
アイデア

「多読」より「精読」:本はたくさん読まなくていい!?

本を読んで得た知識は薄っぺらいけれど、自ら体験したことには重みがあります。 その重みのある体験こそが、他の人たちに提供できる価値です。 「情報発信をするためには、まず本をたくさん読んでインプットを増やすことが大事」 ということ...
クリエイティブ

罫線ノートが苦手な人は、どんなノートを使うべきか

僕は「罫線入り」のノートが大嫌いです。 もう、ページの上の日付欄と、その下のタイトル欄?を見ただけでゾッとします。 何かにつけて「枠にはまる」ことが大嫌いなので、あらかじめ書き方を指示されているような罫線ノートでは、 ...
マインドセット

本当のあなたのことは、他の人たちがよく知っている(こともある)

先日、フェイスブックで「変人カミングアウト」をしました。 でも、数少ないフェイスブックのお友達(諸事情あって、現在は110人くらい)からは、別に意外なことでもなかったようです。 妻からも 「変人」って表現はともかく、普...
親指シフト

親指シフト4日目:時々タイピングが止まる

今日の親指シフト練習もスキマ時間にコツコツと、合計1時間弱。 文字列によってはスラスラと入力できるようになった…と思いきや、ふとした拍子にローマ字入力の神経回路が蘇って、指が止まってしまうことも。 それでも繰り返しているうちに、ホー...
マインドセット

現実は、未来への羅針盤

今の「現実」は、過去の観念と行動が生み出したもの。 その「現実」に囚われている限り、意識は過去に留まり続ける。 過去とは、文字通り「過ぎ去った」もの。 過ぎ去ったものに意識を向けても、何も変わらないし、変えられない。 「...
親指シフト

親指シフト3日目:コツコツとホームポジション練習

今日の親指シフト練習は、スキマ時間にコツコツ、累計で1時間ほど。 ウェブサイト「NICOLA派宣言」の Section 4 を反復練習しました。 初日・2日目の練習でもよく使ったホームポジションですが、言葉が変わると指の動きがぎ...
マインドセット

自分を変えようとしても、失敗するのが当たり前

眠れない夜のひとりごと。 人は、自分で思っている以上に、自分が変わることへ強く抵抗するもの。 日本語入力をローマ字→親指シフトへ変える練習をしていて、 僕たちの脳神経に刻まれたパターンの「凄まじい耐久力」に、改めて気づいた。 ...
親指シフト

親指シフト2日目:勘違いに気づく

親指シフトの練習、2日目のログです。 この文章も親指シフトで書いていますが、まだ五十音をすべてマスターしていないので、ものすごく時間がかかっています。 今日は一つ勘違いに気づきました。 文字が3つ割り当てられているキーでの、左...
落書きアート

【落書きアート】意見ではなく体験を伝えよう

The world is changed by your example, not your opinion. 『世界は、あなたの意見ではなく、あなたの実例によって変わる。』 今朝の落書きアートはブラジルの小説家パウロ・...
スポンサーリンク