Skip to content →

ScreenFlow 5 使い方動画講座 (5) 簡単な動画編集パート2

PC画面を録画して動画ファイルを作成するMac専用ソフトウェア、ScreenFlow 5 の使い方を動画で分かりやすく解説した講座シリーズです。

今回は、映像を分割して削除する方法について、さらに詳しく説明しています。

今回のポイント

映像の途中を削除するときも、まず分割してから、不要な部分を削除する

映像を分割するやり方には、ツールバーのメニュー以外に、スクラバー、右クリックメニュー、キーボードショートカットの3通りある

分割された映像は、ドラッグして結合すれば、切れ目なく再生される

書き起こし文

ScreenFlow(スクリーンフロー)の動画講座、第5回目です。
今回は、映像の途中で動画を編集する方法について解説します。

前回の講座で使った、映像の最後の部分を削除したファイルを素材に使います。
見やすくするために、ウィンドウのサイズを大きくしましょう。 映像サイズも大きくします。 タイムラインの長さも調整しておきましょう。

この動画はもともと、Google Chromeの操作を見せるために作ったものですが、最初のほうで、間違って別のアプリケーションを開いています。
この部分を、削除してみましょう。

まず、編集する動画ファイルをクリックします。
削除したい部分の先頭に、マーカー(スクラバー)を移動させます。
前回は、マーカー(スクラバー)の下にある四角ボタンをクリックして分割しましたが、マーカー(スクラバー)の上で Controlキーを押しながらクリック、あるいは右クリックで表示されるメニューから、「クリップを分割」を選んでも分割できます。

動画ファイルが分割されました。

次に、削除したい部分の最後に、マーカー(スクラバー)を移動させます。
この位置で、動画ファイルを分割します。

今度は、キーボードショートカットを使ってみましょう。
編集する対象のファイルが選択されていることを確認して、キーボードの「T」を押します。
先ほどと同じように、動画ファイルが分割されました。

次に、削除したい動画の部分をクリックして選択し、Deleteキーを押します。
選択していた部分が削除されました。

動画の後半部分をドラッグして、前半部分にくっつけます。
これで編集が完了しました。再生してみましょう。
このように、間違った操作を行った部分が削除されています。

次回は、動画ファイルの保管方法について解説します。  


ScreenFlow 5
カテゴリ: ビデオ
現在の価格: ¥9,800

 

104

【ScreenFlow 5 使い方動画講座】に戻る

 

= = = = = = = = = =
ScreenFlowは、米国Telestream, LLCの登録商標です。

Published in ScreenFlow