Skip to content →

『紳竜の研究』で説かれている成功法則に「欠けている」ものとは?

 

どんな分野でも、才能だけでは成功できない。

 

久しぶりにDVD『紳竜の研究』を観ました。

漫才師、タレント・司会者、プロデューサー、そして実業家として大きな成功を収めた島田紳助氏。

DVD『紳竜の研究』1枚目後半に収録されているNSC(吉本芸能学院)特別講義には、紳助氏の「成功法則」のエッセンスが凝縮されています。

紳助氏自身は2011年にスキャンダルで芸能界を引退したものの、この「成功法則」の輝きは、いまだに失われていません。

 

紳助氏は、講義の冒頭で、「才能」と「努力」の掛け算が、成功するかどうかを決めると断言しています。

それぞれをゼロから5の6段階で評価して、5の才能を持ち、5の努力をしている人が、最高点の25点。

才能が5点でも、努力がゼロなら、掛け合わせればゼロ。

才能が低くても努力が5点なら、才能があっても努力しない人に勝てるチャンスがある。

 

ただ、無意味な努力をしていてもダメ。

単に素振り何百回、筋トレ何回・・・と機械的にこなすやり方は無意味な努力であって、そういう間違った努力をしている芸人が多いと、苦言を呈します。

紳助氏は、阪神のスター選手だった掛布雅之氏の「1日に何百回も素振りをするのは、プロなら当たり前」という言葉を引用して、正しい努力のあり方を説いています。

ピッチャーが誰で、ランナーがどの塁にいて、ボール・ストライク・アウトのカウントがどうなっていて、ピッチャーがどんな球種を投げてきたかまで細かく具体的にイメージして、1回素振りをする。

それを積み重ねていくのが、正しい努力だと。

 

紳助氏は、講義を聴いているNSC研修生たちのほとんどが「世には出ない(=芸人として成功しない)と思ってる」と厳しい言葉を吐きながらも、まずはやってみよう、正しい努力をしてみよう、と愛情のこもった言葉を投げかけます。

実際にやってみなければ、才能のあるなしは分からない。

正しい努力ができる人になることが大事。

正しい努力をしていても成功しなければ、それは才能がないということ。

才能がないと分かることはムダではない。

自分にできることと、世の中が求めているものをしっかりと分析して、自分の勝てる場所を見つけ出す。

自分が勝てる場所で、正しい努力をしていれば、かならず成功できる。

 

講義の最後で、紳助氏は、涙を浮かべながら研修生に語りかけます。

君らには可能性がある。

変われるもんなら、10億円払ってでも、変わりたい。

 

この部分だけは、賛同できませんでした。

 

私たちは、何歳になっても、まだ可能性があります。

生きている限り、自分のチカラで大きなことを成し遂げられる、可能性を持っています。

そしてそれは、現在の紳助氏自身にも当てはまることだと、思っています。

 

紳竜の研究 [DVD]

Published in 発想