墓場に持って行きたい本 #3 – 『アート・スピリット』

こんにちは、廣世です。

『墓場に持って行きたい本 100選』、通称『墓100』、3冊目です。

アート・スピリット』ロバート・ヘンライ著

Amazonでロバート・ヘンライ, 滝本 誠, 野中 邦子のアート・スピリット。アマゾンならポイント還元本が多数。ロバート・ヘンライ, 滝本 誠, 野中 邦子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またアート・スピリットもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

いままでになかった新しい事業を創造する試みは、芸術活動と通じるものがあります。

誰も思いつかなかった事業のコンセプトは、人間の想像力から生み出された芸術(アート)であり、それを生み出した起業家・企業家は、まさにアーティスト。

『アート・スピリット』は、1923年に、アメリカの画家ロバート・ヘンライが、美術を学ぶ学生たちに向けて書いたアドバイス集です。

本書は、もともと画家を志す学生向けに書かれた本でもあり、描画テクニックの記述が豊富ですが、それ以上に芸術家としての「心構え」と「在り方」の記述の峻烈さが際立っています。

その記述は、本文中の「芸術(作品)」という言葉を、「事業」や「アイディア」と読み替えれば、現代の起業家向けのアドバイス集に変わるほどに、普遍性があり、時代を越えるものです。

著者は、冒頭のはしがきからいきなり「ここにあげた意見に読者のすべてが賛同するとは思わないし、助言にしたがう必要もない。ここに書かれたことに腹が立って、まったく反対の行動をとりたくなっても、それはそれでかまわない」と断言。

「美や幸福にいたる道筋は一つではない」から、と。

芸術家に向けた発言でありながら、現代の起業家にも通じる精神が、ここからも感じられます。

この本のベースには、著者ロバート・ヘンライの、読者に対する無条件の愛情と信頼があります。

彼は、読者に向けて、こう言います。

「傑作を生みだせ―きみ自身と同じくらいの傑作だ」

「何かをとことんまで突き詰めるのは楽しい。人生とは自分を見出すことだ。それは魂の成長である。」

自分の生命と想像力を注ぎ込んで、この世に無かったものを創りだす。

命が尽きる、その瞬間まで。

アイディアを生み出すこと、そしてアイディアをカタチにすることがライフワークと思い定めている自分にとっては、当然『墓100』に入れるべき一冊です。

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする