Skip to content →

量は質に転化する!起業家が「オススメ」するビジネス書とは?

 

起業家へのインタビュー音声を配信しているアメリカのサイトで、

起業家が薦めるビジネス書トップ15冊」が紹介されていました。

 

350人を超える起業家に「オススメ本」を訊ねて、

上位に入ったタイトルのリストです。

 

やはり、ベストセラーになった名書が多く、

大半が日本語にも翻訳されています。

 

ランキング上位から順に紹介します。

 

『リーン・スタートアップ』

エリック・リース

少々アカデミックな印象もありますが、起業家だけでなく、企業内の新規事業担当者や経営コンサルタントまで、広く受け入れられている一冊です。

 

『「週4時間」だけ働く。』

ティモシー・フェリス

ビジネスの「省力化」と「自動化」がどこまで可能か?という実験的なテーマを題材にした本。著者のティモシー・フェリスは”human guinea pig(人間モルモット)”と自称してます。日本に留学した経験もある、親日家(Japanophile)でもあります。

 

『小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則』

ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

こちらも「世界中に散らばるメンバーと協業して、クオリティの高い仕事をするには?」というテーマに意欲的に取り組んだビジネスの話。『「週4時間」だけ働く。』と同じように、効果と効率をバランスさせるためのヒントに溢れています。

 

『人を動かす 新装版』

デール・カーネギー

言わずと知れた自己啓発書の古典的名書。このブログでも以前に紹介しました。

 

『思考は現実化する』

ナポレオン・ヒル

こちらも、自己啓発書の名書ですね。僕は5回読み返しました。何名かの友人にもプレゼントしたのですが、その後で誰も感想を聞かせてくれません。怪しい宗教の勧誘かなにかと思われてるのかも(笑

 

『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』

マイケル・E・ガーバー

僕が最近ご縁のある先輩起業家(年下)は「いずれは自分が居なくても回るように、最初から仕組み創りをアタマに置いている」と言ってますが、まさにその「仕組み化」の重要さを説いている一冊です。

 

『アルケミスト―夢を旅した少年』

パウロ・コエーリョ

この本は読んだことがありません。ビジネス書というか小説っぽいのですが・・・とりあえずKindle版を買いました。

 

『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』

クリス・ギレボー

原書のタイトルは”The $100 Startup”。このブログでも以前ブックレビューを書いています。

 

『顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか』

トニー・シェイ

この本も読んでない・・・

 

『ファストレーンのお金持ち (上) ロードマップ編』

エムジェー・デマルコ

タイトルはちょっと胡散臭い(というか原書タイトルの直訳で分かりにくい)ですが、お金を稼ぐノウハウよりも、むしろマインドセット(心構え)にフォーカスした内容です。

 

『「紫の牛」を売れ!』

セス・ゴーディン

「紫の牛」のようにインパクトのあるものを創れ!経営者とマーケター必携の一冊です。

 

『Mastery』

Robert Greene

この本も読んだことがないので分かりません・・・

 

『影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか』

ロバート・B・チャルディーニ

こちらも経営者・マーケター必携の一冊。このブログでも以前に紹介しています。

 

『ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則』

ジム・コリンズ

むかし勤めていた会社で「必読書」として挙げられていた本なのですが、おとなしく従うのがイヤで、読みませんでした(笑

 

『ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)』

ゲイリー・ヴェイナチャック

SNSを活用して、家業であるワイン店の売上を一気に伸ばした著者。一風変わった彼のコミュニケーションスタイルには、ドン引きしてしまうかも。(著者のサイトはこちら

 

ランキングは以上です。

すでにお持ちの本もあったのではないでしょうか?

 

本を読んだからといって、ビジネスで成功するとは限りませんが、

大きな実績を残している人ほど、異様なまでの「知識欲」があることも事実です。

 

そして、実績を出している人は、漫然と本を読むこともしません。

「この本から学んだことを、自分のビジネスにどう活かせるか?」

「ここに書かれている状況で、自分なら何を考え、どう行動するか?」

本を買って、時間をかけて読むという行為から、

最大限のリターンを得ようとする執着心が際立っています。

 

読んだ本の内容を他の人に話したり、ブログやSNSで情報発信することで、

他の人たちの意見や知見を取り入れて、

本から得た学びをより深めていたりもします。

 

自分が読んで、問題解決や思考のレベルアップに役立った本を、

その知識を必要としている人にプレゼントしたりするのも、

大きな実績を出している人の特徴ですね。

 

あなたは、最近どんなビジネス書を読みましたか?

あなたなら、どんなビジネス書を友人にオススメしますか?

ぜひ、コメント欄で、教えてください。

 

Read More / もっと読む

Published in 洋書レビュー