Skip to content →

大切なところは目に見えない!仕事のできる/できないと「割れ窓理論」

 

半年以上前になりますが、「割れ窓理論」についてのブログ記事を書いていました。

「割れ窓理論」とは、治安悪化の初期段階としてみられる「壊れている建物の窓がそのまま放置されていることで、この地域には誰も関心を持たず、注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓も全て壊されてしまう」という現象から名付けられた考え方です。

小さな問題を放置すると、いずれは凶悪犯罪のような大きな問題が引き起こされてしまう。であれば、まずは小さい問題から片付けていくことで、大きな問題を解決に向けることができるはずだという、仮説です。

 

実験すると…(実際には、やらないでください!)

この理論、私たちの身近なものの例として、「自転車のカゴ」があります。

人通りが多いところで駐輪されている自転車のカゴに、空きカンとか紙くずなど、明らかな「ゴミ」を一つ入れておきます。

すると、通りかかった人たちの中から、そこにゴミを入れる人が現れてきます。

カゴの中のゴミが増えれば、さらにゴミを入れる人が増えてきます。自転車を半日も置いておくと、カゴはゴミでいっぱいになります。

ゴミの入った自転車のカゴは、通りかかった人たちに「ここには、ゴミを入れてもいいんだ」と思わせてしまうのです。

 

見た目はごまかせても…

昔、「帰宅時には、机の上に何一つ残さずに片付けること」という社内ルールが存在する会社に勤めていたことがあります。

仕事ができる人は整理整頓もキッチリしていて、机の上もキレイだから・・・という趣旨。

机の上が乱雑になっていれば、仕事もできなくなるという、一見「割れ窓理論」的な考え方です。

しかし、現実には、机の上をキレイにしていても、(たいへん失礼な言い方ながら)仕事があまりできない人というのは、それなりの割合で存在しています。

そういう人の机の引き出しを見てみると、まず例外なく、グチャグチャになっています。使っていない文房具とか、何年もそこに置いてあるっぽい書類とかが、雑然と入っています。

見た目はキレイにしていても、他の人たちの目には見えないところに「割れ窓」があったのです。

 

「割れ窓理論」でステップアップ

「仕事ができる人」の定義は人それぞれですが、その要素の一つとして、「溜め込まない」ことがあると感じています。

仕事を溜め込まずに次々とスピーディにこなすことは、当たり前です。

仕事ができる人は、それに加えて、自分の知識や仕事のやり方、仕事道具などの「たな卸し」をして、要らなくなったものを捨て、アップデートが必要なものは最新情報を仕入れ、自分に欠けているものは学ぶ・手に入れるということを、定期的にやっています。

つまり、自分の世界に生じている「割れ窓」の存在をチェックして、それを修復しているのです。

 

あなたは今日、どの「割れ窓」を直しますか?

 

photo by: Steve Snodgrass

Published in 発想