人間の行動を決める、たった2つの欲求とは?

すべての人間の行動は、洋の東西を問わず、2つの欲求から生み出されます。

  • 悩み・苦しみ・苦痛から逃れたい(「不快」の回避
  • 喜び・楽しみ・満足を手に入れたい(「快」の獲得

成功しているすべてのビジネスは、このいずれか、あるいは両方を、お客さんに提供しています。

効果的なコマーシャルやセールスレター、雑誌広告も、「この商品やサービスを購入すれば、このいずれか、あるいは両方の欲求を満たすことができますよ」と、巧みに消費者を誘導しています。

もっと身近な例では、本屋に並んでいる書籍の「帯」に書かれているコメントやコピー文、雑誌やウェブ記事のタイトルも、この2つの欲求を刺激するように作られています。

消費市場として成熟した国ほど、これらの欲求を刺激するためのテクニックはより洗練されていて、多くの消費者が「洗脳」されているのです。

私たちが目にしているものの多くは、私たちが一度も会ったことがない誰かが、私たちの欲求を刺激しようとして作り出したものです。

誰の、どういう「不快」を解消しようとしているのか?

誰に対して、どういう「快」を与えようとしているのか?

消費者の視点で、どこかにいる誰かの作為に振り回される前に、一步引いた視点で、その作為の仕組みを解き明かしていくことで、売れている商品・サービスの仕組みを知ることができます。

ヒトを動かしているドロドロした欲求、そしてヒトを動かそうとしているドロドロした欲求を、冷静に観察してみましょう。

神戸を拠点に活動するビジネスコンサルタント。株式会社スティッキービジョン代表取締役。アメリカでの7年間の勤務経験を含め、これまで色々な業界で、30を超える国・地域でプロジェクトに関わる。遊びで始めたInstagramへの投稿がきっかけになり、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活動。

起業家・事業家向けのコーチングを行っている妻の廣世紹瑛と共に、神戸で「ビジネスお悩み相談クリニック」を好評開催中です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする