Skip to content →

人生で「迷子」にならないために必要な、たった一つのこと。

 

こんにちは、廣世 悟です。

 

あなたは、人生の「マスタープラン」を持っていますか?

 

年齢や職業に関わらず、生きる目的を明確に定めている人には、ブレがありません。

周囲の人々に何を言われようとも、自分が自分の人生で実現したいことに向けて、着実に歩んでいきます。

 

自分は「着実に歩んで」きたか?

自分の半生を振り返って、唯一やり直したいなと思うところは、もっと早く、できれば10代の後半に、自分の「マスタープラン」を作っておきたかったということです。

当時から漠然と「いつかは自分の会社を作りたい」とは思っていたものの、何歳までに作るのかとか、会社を作って何を達成したいのかとか、そしてその後には何をやるのかといった具体的な要素は、何も決めていませんでした。(結果的には、実現しましたが)

目の前に現れてきた様々な問題や困難に精一杯立ち向かって、相応の成果を出してきたという自負はあるものの、「マスタープラン」が無い状態では、その場しのぎの対応になっていた可能性は否定できません。

 

「価値観」が「マスタープラン」の源になる

残りの人生、自分の価値観に則って、できるだけ多くのことを達成したい・・・

社会に対する精一杯の貢献だけでなく、自分と自分の家族、そして親しい友人達にとっても、最高に充実した楽しい人生にしたい・・・

改めてそう思い、マイケル・マスターソンの”The Pledge: Your Master Plan for an Abundant Life”を再度読み始めました。(日本語版は『大富豪の仕事術』というタイトルで、ダイレクト出版から発売されています。)

 

この本の前半に、「マスタープラン」を作る上で無視することができない、「自分の価値観」を明確にするためのワークが紹介されています。

まず、あまり考えたくないことですが、「自分自身の葬式」が営まれている情景を具体的にイメージします。

そして、その葬式で、家族や親しい友人達に言われて「嬉しいこと」と「悲しいこと」の両方を書き出し、その背後に潜んでいる自分の価値観を探りだすというものです。

刺激的であり、精神的な抵抗すら感じてしまうワークですが、自分に正直になればなるほど、自分の奥底に眠る、大切な価値観に迫ることができます。

 

価値観に忠実に生きる

Happiness is that state of consciousness which proceeds from the achievement of one’s values. -Ayn Rand

幸福感とは、自らの価値観が満たされることから生まれる意識の状態である。―アイン・ランド(アメリカの小説家、思想家、劇作家)

先日観た映画スティーブ・ジョブズでも感じたことですが、自分に忠実であるということは、何よりも自分自身の価値観に忠実であるということです。

自分の価値観に忠実に生きていれば、どんな環境にあっても、自分を見失うことはない。

一日一日、そのことを確かめながら、着実に歩んでいきたいですね。

 

Read More / もっと読む

Published in マインドセット