Skip to content →

第一次産業は、衰退しているからこそ、面白い。

 

先日、電車で「漁師.jpで検索」という広告を見かけて、思わず検索しました。

だって、「漁師.jp」ですよ。

検索ワードというより、ドメインそのものじゃないですか。

ドメイン名で検索をさせるというセンス(の無さ?)に、惹きつけられました。

 

漁師.jp」は、新規就業者の発掘や就業支援を行う団体である、全国漁業就業者確保育成センターが運営するサイトです。

就労機会を提供しながら、漁業従事者の高齢化を是正するという、漁業分野でのセーフティネット的な役割を狙いとしているようです。

 

農業・林業・漁業。

日本の第一次産業は、「衰退産業」と言われて久しいです。

需要の減少や輸入品の増大で、厳しい環境が続いています。もし日本がTPPに加盟するなら、さらに厳しくなります。

ただ、産業の衰退は止められなくても、第一次産業が国内から完全に無くなることはありません。

儲かるかどうかは別として、ユニークな試みで、違う価値を創出する余地はあります。

 

例えば、林業では・・・

 

林業女子会@京都

「◯◯女子会」って、響きがキャッチーなこともあって、いろいろな分野で見かけるようになりました。第一次産業も、例外ではありません。

林業女子会、京都のほかにも、静岡、岐阜、東京、栃木、石川、長崎で開催されています。

林業女子会@京都のフリーペーパー「fg」、不定期発行ですが、なかなかの完成度です。

 

若手林業ビジネスサミット

林業ビジネスの発展を狙いとしたカンファレンスです。過去2回、高知と東京で開催され、今年は北海道で開催予定。

「30代まで」という年齢制限が設けられているところ、本気度の高さを感じます。年寄りは口出しするな、ってことでしょうね。保守層に牛耳られ、革新性が失われている第一次産業を変えるには、これくらいの気概が必要ですね。

 

「食」と「住」に深い関わりを持つ第一次産業は、人類の誕生以来、ずっと続いている産業です。

第一次産業に関わることで、ホモ・サピエンスへの回帰というか、人間の原点に戻ったような安心感が得られます。

自然に生かされている喜び、自然と共に生きる喜び。

「人間という存在を、その根源的なレベルで癒してくれるもの」という観点で第一次産業を捉えると、新しい事業創出のヒントが生まれてきそうですね。

 

Read More / もっと読む

Published in 発想